特定化学物質等作業主任者

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

特定化学物質等作業主任者

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 安全・保安関係の資格・試験  特定化学物質等作業主任者
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
特定化学物質等作業主任者
■特定化学物質等作業主任者とは  
特定化学物質などは約50種類以上あり、第一類物質から第三類物質に分かれている。
それぞれ、厳重な注意をもって取り扱わなければならないため、持定化学物質などを製造し、または取り扱う事業所では、特定化学物質等作業主任者を配置することが義務づけられている。
主な職務内容は、
@労働者が、作業に従事している間、特定化学物質によって汚染されたり吸入しないよう、正しい作業方法を決定し、指揮する
A局所排気装置、排ガス処理装置、除じん装置、廃液処理装置、その他労働者が健康障害を受けないよう設置された装置を、1カ月を超えない期間ごとに点検する
B保護具が適切に使用されているか監督する
などである。
持定化学物質等作業主任者は、したがって作業方法決定から労働者の監督、安全管理までをになう、現場の責任者といえる。
■資格種類  国家資格
■問い合わせ先
都道府県労働局安全課
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved