防衛庁職員三種

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

防衛庁職員三種

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 防衛・消防関係の資格・試験  防衛庁職員三種
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
防衛庁職員三種
■防衛庁職員三種とは  
防衛庁職員三種は一般事務、電気、機械、土木、建築の5つの専門分野に分かれている。
それぞれの業務の内容は、一般事務は総務、経理などの一般事務を行う。
電気は電気機器の整備・調達補給管理などの技術的業務を行う。
土木または建築は、自衛隊施設などの建設工事に関する技術的業務などを行う。
身分、待遇共に国家公務員三種に準じた扱いになる。
合格者はまず採用候補者名簿に記載され、翌年の四月から欠員の有無に応じて採用される。
なお合格率は7%となっている。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
防衛庁 長官官房秘書課採用試験室
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved