宅地建物取引主任者

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

宅地建物取引主任者

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 不動産関係の資格・試験  宅地建物取引主任者
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
宅地建物取引主任者
■宅地建物取引主任者とは  
宅地建物取引主任者の業務のなかで、とくに重要とされているのは、@取引物件に関する重要事項説明、A契約書への記名・押印の2つである。この二つの業務に関しては必ず有資格とになっている。
つまり宅地建物取引主任者だけに与えられた独占業務である。
1958年に認定された国家資格で、またの名を「タッケン」受験者は毎年17万人前後と安定した人気がある。
不動産業や銀行などの企業が従業員に求める資格の中でもトップにあげられるなど、超人気の資格である。
「不動産業者」においては5人に一人以上の有資格者を配置する」と法律で義務付けられているために、需要が増大してる。最近では不動産業以外の業種でも不動産運営・管理の重要性が高まりつつあり、さまざまな業種で有資格者が求められている。
そのため、不動産業以外でも金融機関、大手一般企業などでも活躍の場は広がっている。
学生、女性などの受験者が多いのも特徴的。なお、1996年度より受験資格の制限がなくなっている。
試験は択一式の筆記試験で行なわれ、合格率は15%となっている。試験合格者は、2年以上の実務経験または一定の実務講習を修了後、合格した都道府県に登録し、「宅地建物取引主任者証」の交付を受ける。
ただし、成年被後見人、被保佐人、免許を取り消されてから5年を経過しない者などは登録できない。
また、「宅地建物取引主任者証」の交付を受けた者は、5年ごとの更新が必要で、その際には講習を受けなければならない。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
(財)不動産適性取引推進機構試験部
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved