通訳案内業

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

通訳案内業

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 語学関係の資格・試験  通訳案内業
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
通訳案内業
■通訳案内業とは  
通訳案内業の業務は、日本を訪れる外国人旅観光客が快適な旅行を楽しめるように外国人につきそい、英語をはじめとする外国語で旅行に関する案内をすることである。
その仕事ぶりは、国際感覚にあふれる民問外交官と言った存在で、外国人旅行者の日本に対する印象を左右する重要な役目をもっている。
この仕事をするには、都道府県知事発行の免許が必要で、そのための試験が、国土交通省が実施する通訳案内業である。
この試験は、数ある語学関係の中で唯一の国家試験。資格取得後は、旅行エージェントや各地の観光協会などに所属するほか、フリーランスとしても活躍できる。
収入については観光シーズンに左右されることからやや不安定ではあるが、仕事をやればやるだけ収入が増え、独立開業向きの資格である。
また、ガイドの仕事をきちんとこなしていれば、各方面から語学関係の仕事があり、幅広い分野への進出が期待できる。
試験は英語、フランス語、ズペイン語、ドィツ語など8カ国語あり、それぞれl〜3次試験まである。ただし前年度の1・2次試験合格者は、次回に限りl・2次試験は免除される。
また、既に合格している者が、他の外国語で受験する場合、3次試験は免除される。
各外国語の合格率は、英語約6%、フランス語約8%、ドイツ語約9%、イタリア語約7%、ロシア語約9%、スベイン語約7%、ポルトガル語約12%、中国語約11%、朝鮮語約12%となっている。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
国際観光振興会 観光交流部通訳案内業試験課  
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved