気象予報士

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

気象予報士

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 情報・コンピュータ関係の資格・試験  気象予報士
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
気象予報士
■気象予報士とは  
1993年に気象業務法が改正されてから、民間でも独自に天気予報を出せるように気象予報に従事する技術者を対象として新設された国家資格。
気象衛星「ひまわり」の画像や天気図により、天気を予測するには、数値予報の概念や使い方を熟知する必要がある。
建築現場、観光、イベント・レジャー産業、弁当の仕出し会社など、天候によって売上げが左右される企業に局地予報を提供している民間気象会社は、これから伸びるといわれている業界。
気象予報が商売に結ぴつく情報になってきて、気象予報士の二一ズは高まっている。
仕事に直結する資格で、受験者は気象関係の業務につきたいと志望している人、気象予報士を置くことが義務づけられている民間の気象会社、および放送局の天気予報番組の関係者、さらに気象に興味あるアマチュアなど多岐にわたる。
気象予報士試験の合格率は約7%と、難しい。
■資格種類  国家資格
■問い合わせ先
(財)気象業務支援センター  
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved