定期運送用操縦士(飛行機)

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

定期運送用操縦士(飛行機)

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 航空・運輸関係  定期運送用操縦士(飛行機)
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
定期運送用操縦士(飛行機)
■定期運送用操縦士(飛行機)とは  
都市と都市、国と国を結ぶ定期航空路のパイロットが定期運送用操縦士である。
定期運送用操縦士は、航空関係の免許のなかでも最も難易度が高く、専門知識と高度な技術、さらに万一のときに的確な処置を施す冷静な判断力も要求される。
国内・国際線ともに航空輸送が急増している現在、操縦士の数も不足がちであり、ますます有望になる資格である。
定期航空路の操縦士になるには、規定の年齢およぴ飛行経験を有する者が、国家資格に合格し、規定に合格しなくてはならい。
合格率は50%前後だが、パイロット養成機関である航空大学校などを卒業後、長い訓練と実務経験を経た者でなければ合格できないのが実情である。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
国土交通省 航空局乗員課  
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved