海事補佐人

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

海事補佐人

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 船舶・海運関係の資格・試験  海事補佐人
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
海事補佐人
■海事補佐人とは  
海難審判庁で行なわれる海難に関する審判で、審判廷に出廷して弁論を行なうことを職務とするのが海事補佐人である。
海事補佐人は、受審人や指定海難関係人の選任により、それらの人の正当の利益を主張する、いわば裁判所の弁護士といえる。
海事補佐人になるには、一定の資格(1級海技士や弁護士など)をもつ、海事または法律の専門家でなければならない。
具体的な職務範囲は、
@審判官およぴ参審員の忌避の申し立て
A第1回審判期日の変更の請求
B証拠調べの申し立て
C海難審判庁の行なう検査の立会い
D審判関係人の尋間
E事件に関する書類・証拠物の閲覧謄写
F審判廷における速記者の使用
G弁論
H裁決書謄本の請求
I第二審の請求などがある。
海事補佐人の報酬・日当・旅費などについては、原則として、依頼者との契純事項になっている。また、資力の乏しい受審人のための海難審判扶助制度もある。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
高等海難審判庁 海難審判書記官  
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved