海技士(電子通信)

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

海技士(電子通信)

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 船舶・海運関係の資格・試験  海技士(電子通信)
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
海技士(電子通信)
■海技士(電子通信)とは  
海上においてより迅速に救助を行なうために、全世界的な海上遭難安全システム(GMDSS)が構築され、1999年から全面的に実施された。
GMDSSとは、従来の地上通信系だけでなく、衛星通信系を導入することにより、衛星を利用した船舶と陸上救助機関との適信システムを構築し、陸上の通信本部による遭難通信を早期に傍受するシステムのことをいう。
こうしたGMDSSを活用するために、新たに1991年から実施されている。GMDSSの特徴としてモールス信号の不使用、インサルマット衛星の活用(インマルマット衛星の無線設備などを通して他の船舶や地上と交信し、安全航行のための情報を収集する)、船舶間の相互救助から陸上の捜索救助機関による救助活動などがある。
なお、GMDSSは、総トン数300トン以上のすべての貨物船、すべての旅客船、国内における漁船・小型船およぴ内航船などにおいて搭載が義務付けられている。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
各地方運輸局海上安全環境部船員労働環境・海技資格課  国土交通省  
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved