裁判所事務官

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

裁判所事務官

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 司法・警察関係の資格・試験  裁判所事務官
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
裁判所事務官
■裁判所事務官とは  
裁判所の組織は、大別すると裁判部門と司法行政部門に分けられる。
裁判部門では、裁判官の審理・裁判を支える機関として裁判所書記官、、裁判所事務官などがおかれている。
一方、司法行政部門には、裁判に必要な人や設備などの面で、裁判部門を支援する事務局が設置され、義判所事務官などがそこで職務を行なっている。
裁判所事務官に採用されると、裁判部門で裁判所書記官の下で各種裁判事務を担当したり、司法行政部門である事務局の一般事務に従事する。
裁判所事務官として一定期間在職すると、裁判所書記官を養成する裁判所書記官研修所の入所試験を受験することができる。
裁判所書記官になると、固有の権限が付与され、法廷立会、調書作成、公証事務や判例、法令などの調査、その他裁判手続きを適正迅速に運営するための職務に従事する。
なお、事務宮一種試験合格者が裁判所書記官研修所の入所試験を受験する場合には、筆記試験が免除される。
一種と二種は、教養、専門、口述による1次・2次の試験、三種は、教養、適性、作文、ロ述などの1次・2次試験に合格しなくてはならない。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
最高裁判所事務総局 人事局任用課試験第一係  
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved