司法試験

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

司法試験

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 司法・警察関係の資格・試験  司法試験
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
司法試験
■司法試験とは  
将来、司法部門(裁判官、検察官あるいは弁護士)をめざす者は、原則としてこの試験を通過しなければならない。
司法試験に合格すると、1年6カ月、司法修習生として司法研修所で所定の研修を受けたのちに、はじめて裁判官、検察官、弁護士への道に進むことになる。
最難関試験であるだけに、社会的地位も収人も非常に高い。
試験合格後の司法修習生は、公務員として扱われる。
1年6カ月の研修ののち、卒業試験に合格しなければならない。
その後は、裁判宮、検察官、弁護士の道に進む。弁誰士の道に進む場合、収入は個人差があるが、高収入で、社会的信用も高い。第1次試験、第2次試験がある。
第一次試験は学歴、年齢、性別を間わず、誰でも受験できる。
大学で学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の修了者は、第一次試験が免除される試験の合格率は3%前後。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
司法試験管理委員会  
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved