行政書士

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

行政書士

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 司法・警察関係の資格・試験  行政書士
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
行政書士
■行政書士とは  
行政書士の業務は、書類の作成、提出手統きの代理、および相談業務の3つ。
建設業、風俗営業などの許可申詰や会社設立の手統きなど、私たちの日常生活に密接に結びついた仕事である。
業務分野が広いため、最近では、1人の行政書士が扱う仕事分野が専門化されてきている。
行政書士の扱う許認可の種類は多く、その数職7000種類にもなるという。
近年は、国際交の活発化にともない、外国系企業の登録手続きや出入国手続き、帰化手続きなども増えている。
また、公共機関への申請や屈け出の手続きなど、なれていないとなかなか難しくわかりにくいものである。
勤務時間と窓口業務時間が重なっている場合も多く、そんなときに便利なのが行政書士である。
そのため需要は安定しており、さまぎまな場面で活躍している。
行政書上として開業する場合は、都道府県の行政書士会を経由して、日本行政書士会連合会に申請し、登録を受けて、行政書士会会員にならなければならない。
開業するときは、司法書士や土地家屋調査士、税埋士などの資格をあわせて取得しておくと有利である。
2000年度の試験から試験制度が変更になり、受験資格も廃止され学歴などに関係なく、だれでも受験できることになった。
なお、弁護士、弁理士、公認会計士、税理士、国または地方公共団体の公務員として行政事務などを担当した期間が通算して20年(高卒の場合は17年)以上あれば、行政書士となる資格を有する。
試験は、約6方人が受験、合格者は約6,700人、合格率は約11%となっており、難易度も高い。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
(財)行政書士試験研究センター  
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved