司法書士

資格試験の情報缶詰

就職・転職・スキルアップに
あなたの可能性をバックアップ

司法書士

【サイト紹介】
『資格試験の情報缶詰』では国家資格から公的資格、民間資格にいたるまで国内で受験、受講
できるさまざまな資格を紹介しています。
資格は就職や転職の際、企業からの優遇のポイントとして貴方にとって必ず有利になります。
また趣味や地域活動、スポーツなどのビジネスとは離れた分野の資格や試験もご紹介しています。

     スポンサードリンク
 資格試験の情報缶詰TOP  > 司法・警察関係の資格・試験  司法書士
 MENU
TOPページ
資格種別一覧
教育関係
公務員関係
防衛・消防関係
司法・警察関係
経営・経理関係
語学関係
労務関係
金融関係
営業・販売関係
事務・実務関係
サービス関係
不動産関係
電波・通信関係
航空・運輸関係
船舶・海運関係
車輌・陸運関係
電気関係
情報・コンピュータ関係
建築・インテリア関係
土木・測量関係
ボイラー・プレス関係
溶接関係
ガス関係
科学技術関係
安全・保安関係
食品・食物関係
一般技術・技能関係
医療・衛生関係
福祉関係
環境・公害関係
動物・畜産関係
スポーツ関係
生活・消費関係
趣味・余暇関係
管理人について
お問い合わせ
カスタム検索
司法書士
■司法書士とは  
日常生活に関するさまざまな法律事務を代行する仕事である。
具体的には、
@不動産登記および法人登記に関する申請手続きの代理
A供託所に対する供託の手統きの代理
B裁判所や検察庁、法務局に提出する書類の作成
C登記や供託について不服があるとき、法務局長または地方法務局長に対して行なう審査請求の手続きの代理
D上記書類の作成に関する相談および立会いである。
実際には、登記手続きが圧倒的に多い。
司法書士は市民生活に密着した、法律のスペシャリストであり需要は高まる一方である。
不動産取引や会社の設立などに必要になってくる法律上の手続きの専門家として、今注目を集めている資格である。
それだけに合格率は約3%とかなり難しい。合格したら、すぐに開業できるがまずは経験を積んで、信用を得て、人脈を作る事が大切だ。
そうして取引先を開拓し独立開業する場合が多い。
収入は実力次第である。大都市周辺では需要が多い。不動産登記を多く扱うので、土地家屋調査士や宅地建物取引主任者の資格をあわせてもっているとすべての登記事務を一人で行えるので活躍の場が広がる。
■資格種類  国家試験
■問い合わせ先
法務省民事第2課または各地方法務局  
スポンサードリンク
Copyriht(C) 資格試験の情報缶詰 All Rights Reserved